2012年05月02日

自分で盗聴器をみつけるには その2 

自分で盗聴器をみつけるには その2 

盗聴器発見器には、周波数検査タイプというものがあります。

周波数検査タイプは、盗聴器が使っている電波の周波数をピンポイントで発見します。
プロもほぼ同等のものを使っているようです。
こちらの方が盗聴器を見つける確率は高くなります。
MVT-3400【ユピテル(YUPITERU)製】盗聴発見器付マルチバンドレシーバー
などです。

当然、どの周波数が盗聴に使われているかなどがわからないと見つけることができません。
普通の人が使ってもうまくいかない場合が多いようです
posted by candy at 16:06 | TrackBack(0) | 盗聴 発見 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。